癌のいろいろな治療方法|遺伝子療法は副作用のない治療

医者と看護師

糖尿病とはなにか

カウンセリング

インスリンが影響

糖尿病について詳しく説明しましょう。糖尿病は、体の血糖値が際限なく上がっているのが原因であり、脾臓にあるインスリンが分泌されなくなったのが原因です。脾臓は一度機能不全になると回復することはなく、インスリンの分泌が行なわれなくなってしまいます。よって、糖尿病を予防するためには脾臓の健康に気を使わなければなりません。脾臓が壊れる原因で多いのが、糖分の過剰摂取です。糖分を摂取すればするほど脾臓はインスリンを分泌しなければならず、許容量を超えて分泌し続けると脾臓が壊れてしまいます。よって、糖分の摂取量を控えめにすることで糖尿病を予防しやすくなります。ここで注意したいのは、糖分の摂取量を極端に減らすということは絶対にしてはいけないということです。血糖値とは、血液中にあるブドウ糖の濃度のことであり、一定以上の血糖値は人間が活動するために必要なのです。ブドウ糖により人の体は疲労を回復させ、脳を働かせることができるのです。よって、ある程度の糖分は取りましょう。なお、パンやご飯を食べていれば、普通にそれで糖分は摂取できています。

運動で予防

糖尿病予防には運動も大事です。運動不足も糖尿病に大きく影響するからです。また、体を動かすことで体内のブドウ糖を消費し、血糖値を下げることができるのでこまめな運動は非常に有効です。運動を行なうときのコツとしては、ハードなものではなく長続きするような軽い運動を行なうことです。運動はハードなものを一日行なうよりも軽いものを毎日行なったほうが良いからです。